アイカツフレンズ! 第1話

めざせ友達100万人!


 いよいよいろいろな意味で新たなスタートとなったアイカツ! 主役である友希あいねちゃんは、偶然、学園内でも大人気である湊みおちゃんから誘いを受け、一度限りのユニット(フレンズ)を組むところから始まりました。

 アイカツをするのも初めてだったあいねちゃんでしたが、みおちゃんの類まれなるセンスのおかげか、それとも元より素質がったのか。ライブは無事大成功。

 みおちゃんはやはり、と、彼女に確信を持ち、あいねちゃんは多くの人の笑顔に振れられたことで感動し、アイドルの素晴らしさを肌で感じとりました。

 こうして二人の未来が始まりました。


 実にどちらの主役も可愛くて、掴まれました(^^) そして期待で楽しみだったのはLove Me Tear。ころあずとはっしーが担当してくれてて、エンディング曲も。エンディングでも3Dモデルでライブシーンがインサートされるのは初めて?で、オープニングもよかったけど、こっちはこっちで主題歌な感じがとても素晴らしかったです。曲が好きです。もう始まる前から何度もYouTubeで聞いてたから(^^) すみれちゃんがナビのキャラ?だけでも参加してくれてたのも嬉しかったなぁ。後々アイドルとしての役も演じてもらえると尚嬉しいし、是非楽曲も担当してもらいたいです。

 次回はLove Me Tearがメインっぽいのでよりいっそう楽しみです。

 





この記事へのコメント

カリスマ声優白書
2022年06月24日 11:25
今度のアイカツ!主人公はふたり。主人公は、アイドル。主人公は、2人で1人のアイドル活動。新番組「アイカツフレンズ!」もうひとつあった「仮面ライダーW(ダブル)」でもある今作。今高らかにスタート・アップ!であります。前作「アイカツスターズ(アイスタ!)」100という節目の最終回の余韻冷めやらぬまま、アイフレ!へ。物語の舞台は、ヨーロッパと日本の香りが交互に漂う「スターハーモニー学園」その街並みは、違いが輝く新しい未来が生まれる場所。今作もまた~カラフル~に合わさるストーリーが始まります。町中に鳴り響くカリヨンの音色は「ベルちゃんルコちゃん」が作ったもの。勇気の翼をいっぱいに広げて家のお手伝いに励むのは、今作の主人公・友希あいね。友達に希望と書いて"ゆうき"さあ、皆さんご一緒に♪あっピッカピカの~1年生 ビシッ!♪血液型はO。0(ゼロ)から1へ!ってね。演じているのは「伊賀の国三重期待のホープ」松永あいねさん。靡く校旗の真剣味を感じます。この頃はまだちょっと初々しさとあどけなさがありますが、のちに伝説の「世界のICHIGO」のようにアイドルになっちゃいます。そんなあいねの自宅はカフェ店。新鮮ないちごを食べてご満悦のあいね。あいねのペットはPINGU(ピングー)ちょっとなに見てんのよ!あいね愛用のともだちアルバムはもう24冊目。彼女の目標は友達100万人。デリバリーを頼まれたあいね。わたし、今日から光ります!桜並木を嬉しそうに満喫し収録場所へ。でも注文された人は杜の奥。そこであいねが目にしたのは、もう一人の主役・湊みお。グラビアアイドルの水湊みおではありません、アイフレのみおちゃんです。演じるのは「山田の園の未完の大器」木戸衣吹さん。実はアイフレ!放送前、アイカツ以外のアニメは全てメインじゃないキャラばかりでした。ですがこの役で「やっと声優の仕事らしい日常ができた」と後に言ってたそうです。運命の出会いを遂げた2人。あいねの手作りサンドイッチを食べるみお。何ともおいしそうな表情。そうしたところでファッション撮影開始。いろんなポーズをして感じた事、それはどれもビビッと来てる事。モデル撮影後忘れていたことは、今度ステージで組む相手を決める事。みおが向かったのはさっきのペンギンカフェ。で、2人がまたお会いしたのは意外にもドロボーごっこ。あいねにお金の支払いに来てくれました。そこで互いに自己紹介。2人も一緒に鬼ごっこ。公園で遊ぶのはとても久しぶりな2人。そこでみおはビビっときたと目にする。決めた、2人の最高のTOMODACHI。お願いしてもいいかな、一緒にアイカツ?え~っ!まだ心の準備もしてないよ~!後半、テレビで蘭とあおいによる「ラブミーティア」を目するあいねの妹。ダイヤモンドフレンズに君臨するトップアイドルでもある2人。あいねは普通科でアイカツ初心者。なぜみおがあいねを?早速2人はライブに向けてトレーニング。みお考案のハードなトレーニングに終始ついてこれなかったあいね。でも休憩中の水分補給でもう一度やらせてください!あいねは気づく。アイカツ、一見大変そうだけど実は楽しい。みおの振り付けに、頑張って必死について行ったあいね。意識が芽生えた瞬間でした。迎えたフレッシュフレンズライブ当日。あいねの記念すべきアイカツ初ステージです。みおへの黄色い歓声は1番の証。控室に入った2人。専用ドレスコーデを2人に手渡し。ピンクとブルーの融合がピッタリ似合います。緊張してきたあいね。もしかしたら私、倒れるかも、振りを間違えるかもしれない。だけどみおちゃんの一言で気持ちがほぐれちゃった。さあ、アイフレになって初めてのライブシーンの幕開けです。色違いのクリスタルはやがてひとつの光へ。ステージに降り立ち、緊張を力に変えて、2人の初ライブ。今作は声優と歌唱配役が別ではなく、兼任としてライブシーンを盛り上げます。初ステージでフレンズをアピールも出してフィニッシュできるなんて「やればできる」という魔法の合言葉を持ってるじゃない!あいね、友達100万人できるわよ。だから、これからもよろしく!はい、よろこんで!その夜、あいねのともだち本に、また新たな1ページが書き加えられました。やればできるを私のモットーにあいね自身で切り開いた"真の友達"でした。

この記事へのトラックバック