ハートキャッチプリキュア! 第3話

二人目のプリキュア、キュアマリンが元気にご登場!!


 この前の「はみだせ!メガミマガジンRadio!!」で、ひたすらきたえりといぐっちゃんが「ですです~」って言っていたのが大変気になる今日この頃です。何の影響を受けてそんな語尾になっていたかは明かされなかったけれど、最近のアニメでこの語尾ってこのプリキュアしか思い当たらない。。とりあえずお二人の「ですです~」すごい可愛かったのは否めませんでした。映画かなぁ。


 今回はトントンと、二人目であるえりかちゃんがプリキュアへと変身を遂げました。変身時にあのぬいぐるみが必ずいないと、今のところ変身できなさそーです。この設定が意味するところ何なのか、今後響いてくるかな。実にめんどいように思えてなりません(^_^;)


 中学校には女子サッカー部がないため、大好きなサッカーをできないでいたさやかちゃん。彼女の心の花に目をつけたサソリーナさんは記念すべき2体目のデザトリアン生成となりました。
 何気に一番楽しんでいるのは金朋さんなのではないかと思ってきたのは、案外間違いじゃないと思いますw 自由になってておもしろいです。

 キュアブロッサムがピンチになってきたとき、えりかちゃんはぬいぐるみたちに乗せられ 心動かされて、プリキュアの重要性とつぼみちゃんがみんなのために戦っているのだということを理解し、自らもプリキュアになることを容認。見事「キュアマリン」へと変身できました。やっぱマリンの方が、髪の色がかなり眩しいものの、可愛いなぁ。

 マリンはブロッサムと違い最初から全開モード。華麗にデザトリアンを圧倒し、珍しいことに飛び道具的技も繰り出していました。格闘メイン、ってイメージがプリキュアにはあるんで、ちょっと意外だったなぁ。他のプリキュア作品でもなくはなかったのかな。
 最後は必殺技がばっちりと決まり、無事さやかちゃんは心の花を取り戻しました。

 ポインセチアの花言葉は「わたしの心は燃えている」
 いろいろお花をメインにしているだけに、少し制約は多いストーリー構成になってしまうような気はしますが、うまいことこなしてくれると信じています。むしろ「なんで?」ってのがあってもおもしろいだろうな。


 こうして二人のプリキュアが揃いプロローグはおしまい。次回からいよいよ本編開始。が、次回はもはや解散の危機!? ってお話でした。
 まだ高山さん久川さん側のお話は見えないから気になるし、生徒会長で法子さんというキャスティングがまた惹きつけられてきました。どう構成されていくのか楽しみです。

WEB拍手を送る



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック