PandoraHearts 第5話

刻印がすべて刻まれてしまったそのとき。




 様子見でここまできました。アヴィスでのお話がすぐに終わって、前回からようやくスタートを見せるという、ちょっと長めの助走でした。けれどキャストさんが好きな方が多いせいか、なんとか持ちこたえることができた。この先どーなるんだろう、なぜオズ君はアヴィスに堕とされたのか。その理由はとても気になる展開だったんで、これからも見ていこうと思います。。


 シリアスに進みながら、ちょくちょく崩れた絵が楽しく描かれていていることと、オズ君がかわいいことと、アヴィスで吹っ切れた後のオズ君は、まるで人が変わったようにしっかり者になってくれたことが、物語をおもしろくさせているように思います。元々しっかり者だったってことだな。

 オズ君のそのしっかりしたところ、自身では「適応力」と呼んでいたけれど、実際はレイヴンの言っていたとおり、過去を悔いて、畏れいているため。オズ君が今、笑顔をつくれるのは喜ぶべきことであり、哀しむべき現実でもあるということのようでした。

 アリスは記憶を見つけるため。ブレイクさんたちはその彼女の目的を利用して、別に成すことがあるようでしたが、彼らは彼らの目的のため。今回のように、チェインを倒していきながら、記憶探しという流れが暫く続くかな。


 チェインとの契約によって胸に刻まれた刻印。その刻印がまるで時計の針のように一周しながら、すべてを刻み終わったとき、それが今回のチェインの末路。あの針はどれくらいの時間で一周するのかわからないけれど、存在する違法契約者は、みんながみんな、その事実を知って契約しているわけではないようでした。今回のあの少女も、そしてアリスもまた知らなかったと。


 ブレイク@石田さんの絵に描いたような「裏しか」ない方w 見た目紳士的な印象だったのに、アリス並に短気なレイヴン。しっかり者オズ君。なんだかんだでオズ君のことを気遣ってくれるかわいいアリス。 バランスが取れていて、加えて物語上もシリアスな面とコミカルな面が違和感なく融和しているように見えました。「ばかうさぎ」ってフレーズが心なしか懐かしいです(^_^)


 スタートしてからの1話目となった今回で、見続けてみようとようやく決めました。予告もなんか独特です。って、彼がギルってことは・・・。どういうことになるんだ(^_^;)

WEB拍手を送る

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック