鉄子の旅 第5話

 今回は東北岩手の旅。
 三連休があると三連休パスが発行されるんだ。これまた知らなかった・・・。


 横見さんがいつも、新幹線指定席も乗れる切符を取りながら、自由席に座るのは、周りにうるさい客がいたらすぐ席を変えられるから、という理由でした。そんな発想これまでしたことなかった・・・。座りたい一心でいつも指定席取っていたけど、そういう考えもあるんだなと知りました。確かに周りの席が外国の方たちが異常に多くて、すこぶるハイテンションなときがあって、ちょっとなあと思った経験ありましたw 禁煙車両も拡大しているから、今度どっか少人数で行くときは自由席でいこうかな。

 今回の岩手への旅は三連休を利用しての旅。三連休だとこれまた三連休の間だけ、新幹線を含めた全JRに乗り放題(東日本)というパスが大人26,000円。電車をメインで使う旅ならかなりお得な感じがします。行ける範囲で目的地を決めたりするのが楽しそう(^.^)
 地味にウィリアムさん(石川さん)も自腹にて参戦でw 初の4人旅がスタートいたしました。

 目玉は岩泉線というローカル線。押角という駅は本気の山奥にある駅のようで、非常に(鉄の間では)有名な駅。確かにすごかったです。途中の「大パノラマ」はどーやらはずれ?みたいだっただけにw にわかに横見さんの言葉をいつも信じちゃいけない、って釘をさされたような矢先だったところにw あの秘境めいた駅。一日三本という制約がなければ是非一度は行ってみたいです。
 それに旅の最後に寄った、横見さん曰くおまけだった滝観洞も楽しそうだったなぁ。洞窟で1時間って相当長いよ(^_^;) あ、横見さんは転んでたw


 いつの間にか石川さんがいなくなっていたのが笑えましたし、横見さんの予想がことごとく裏切られてw 鉄のみなさんがたくさんいたのもおもろかったなぁ。あーいう廃線寸前、みたいなところにも鉄のみなさんがいらっしゃれば、少しでも長い期間乗り切れるのかも、と思いました。現実問題はきっともっと厳しいのだと思うけど、電車で味わえる旅が減ってしまうのは、やはり寂しいと感じました。


 次回は群馬。廃線歩きとかちょっと魅力ですが、またキクチさんの悲鳴が聞こえてきそうな気も(^_^;)
鉄子の旅  VOL.1  特別版
鉄子の旅 VOL.1 特別版

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック