鉄子の旅 第4話

 今回は東北へ。駅舎巡りが続きそのパターンを把握し始めてきたキクチさん。彼女に新たなパートナーがご登場です。

 何をもってか、ウィリアム様(イシカワさん)は今回で撤退。代わりにカミムラさんという新しい編集者さんがつきました。ここには一体どんな真相があったのか。さっぱりでした。あの3人のバランスがいいなって思ってたけど。カミムラさんは今回見た限りではなんかぱっとしないしw


 今回は再び土日切符を買って福島を中心に仙台方面、米沢方面へと足を伸ばしての旅。キクチさんはいい加減この旅の「何がすごくて」「何が常識で計っていけないのか」を把握し始めてきていました。
 だいたい横見さんのいう「すごい」駅舎ってのはやや寂れた、田舎のほうにあって、景色もそんな変わらない、強いて上げれば木造の方が好みみたい。ってのがわかってきていました。今回もそこは最終的には的中していますw

 そう、だいたいがもう「同じような」となってきていることは確かでした。そこの打開にしてはカミムラさんはあまりに弱い。だからカミムラさんはその役回りではない?んだろう。。けれどこの作品、作品としての作りがどうとかきっと置いていかれていて、今後も変わらずこのペースを保っていきそうでした。となるとキクチさんの台詞ももう毎回一緒になってしまう。そこってどう変えていくか気になります。


 駅舎のグレードは普通の人から見るとランクは最初のが1位だったのは間違いないw 2番目の滝もすごかったからあそこは行ってみたいです。が、3,4はどーでもいい(笑)駅には失礼かもだけど劇中でももう言っちゃっていたからいいだな。ありゃかなり廃屋でw 4つ目はすぐ終わっちゃったけど駅舎自体見えませんでしたw さすがにあそこまで遠出して、グレード4!!!とかスーパーハイテンションで、で、あの駅に運ばれたら倒れるな。。
 キクチさん今回もなんとか駅弁で保っていたけど果たして次回はどうなるか。あの牛タン弁当は仙台に行ったとき一回買おうと思ったけどかなり高額だった気がしたからやめた記憶有りです。箱にお金がかかっていたなんて思ってもみなかった(^_^;)

 次回は再び東北。今度は岩手です。スキーで一回行ったくらいだなあ。

この記事へのコメント

A.Na
2007年07月15日 23:05
通りすがりの者です。
このアニメの原作(漫画)は殆ど全てノンフィクション(原作者であるキクチの、実際の体験を漫画にしている)なんですけど、文章を読んでいるとそのあたりの事実を知らないのでは?
という気がしてならないのですが。

だから

>そう、だいたいがもう「同じような」となってきていることは確かでした。そこの打開にしてはカミムラさんはあまりに弱い。だからカミムラさんはその役回りではない?んだろう。。

普通のアニメで良くある、「このキャラクターの役回りが云々」といった考察はこのアニメに関しては無意味です。
2007年07月15日 23:25
こんばんわ。コメントありがとございます。
 ノンフィクションとは理解していたのですが、それでも漫画なのだから、アレンジではなく、加えられた設定はあるのかなと思っていました。もうほぼすべて、なんですね。となるとこのペースは今後このままってことなのでしょうね。
 「鉄道」という大ジャンルの中の「駅舎」にクローズアップされている点がすごくおもしろいと思ったので今後は純粋に"鉄"を見ていきます(^_^;)

この記事へのトラックバック