牙 第21話

今回はすごく楽しいお話がありつつ、ロイアのお話が始まってくれました。
彼女の運命もやはり、これまでの人たち同様なんだろうか。それとも・・・。


タスク人の証である"角"を自分の肩に見つけてしまったロイア。
誰よりも自分がびっくりで、みんなにはも内緒に。

彼女はその悩みを一人で抱えたまま、
テンプラーでいつの間にか開催目前となっていた
ジャウスト・ジュニア選手権に参加することに。
もう力の差は歴然とわかっていながら、
ロイアはやる気ないゼッドにも参戦を強制。
彼女はその大会で、少しでも忘れたかったんだろうか。
無条件に「だーれだ♪」っていいね。

強さだけを求めていたゼッド君でしたが、今はそれだけでは足りない。
それだけではいけないのでは?と考えていました。成長したね。。
今のロイアにとってそんなのどうでもよかったんでw
ゼッド君のお腹踏んづけてご立腹。
恐らく「そんなこと言うんなら腹筋を鍛えよ」
ということを暗に言ったのでしょう。
ロイアちゃんも怒ってる時もかわいい(^_^;)

次にロイアのもう一人のお友達。パン屋のミッキーを勧誘。
しかし今のミッキーにとっての最優先事項はパンでしかない。

「パン屋に喜び感じてどーすんの?」

びしっ!とロイアがミッキーを更正?させようとしていたのに、
ミッキーは接客に大忙しw ロイアちゃんを無視すんなよミッキー!!


ゼッド君はとりあえずロイアちゃんに言われた通り、
ジャウストジュニア選手権に参戦してくれていました。
彼女の勧誘がちょっと不自然なことを気づいてくれていたみたい。

開催の挨拶はジャウストのチャンピオンであるロペス様が取り仕切っていた。
悠々と若者を導くかの如くお言葉を述べられていて、
嘘っぽいなぁ、と思ってみていたらゼッド君一言、

「相変わらずアホだな」

笑ってしまったw 顔は真面目なのにそんなツッコミなしだよ(笑)
だいたいゼッド君たちの周りにいた人たちって
ほんとに十代?って人多かったよ??

第一試合でいきなりゼッド君とロイア。
もちろん力の差は圧倒的で、
ロイアちゃんは肩がはだけて「バレちゃうっ」と思ってあっという間に棄権。
ロイアちゃんがいなくなったんでゼッド君も参加理由がなくなり、棄権。
ほんとあっという間に終了でした。

もう戦いにも集中できないし、
ロイアは思い切ってジーコじいちゃんに真相を訊こうと思ったけど、
やはり乙女が安易に異性に肌をさらけだすのはよくない!、
ということで訊けず。。(そんな理由ではない・・・)
ますます一人で悩んで解決できないでいて居場所を見失い、
とうとうお一人でタスクへ。。
てっきりゼッド君が居合わせたものだから、追いかけると思ったのにさ。
そこはやる気出してもいいんじゃないかと思うんです、ゼッド君。
おかげで見知らぬ健康っぽい肌の人に良いところ持って行かれましたよ。
ギンガって誰だ。あれは何人だ?阪口さんだ!


ロイアの過去を知るものが続々とご登場でした。
麻里奈さんがまた出て来てくれて嬉しく思いつつ、
なんかまた安心はできない役所な気がした(汗)

始まりだしたロイアのお話はやはり重いもの。
それでも今回は楽しいところも随所にあっておもしろかったです。

ミッキーはやたらゼッド君にパン食われててw すっかりパン屋さんでした。
もうあのスピリットはしばらく見られないんだろうかw

ゼッド君もちゃっかり一人でパン屋焼いて焦がして自ら食ってた。
あの材料費のことでまたミッキーに後で怒られることでしょうが、
そこへ訪れたロイアにさりげなく声をかけてあげたところは良かったです。

「またパン焦がしちまった」

似合わない作り笑顔がなんともよかったです、ゼッド君。
その後すぐに空気を読めないミッキーの、悪意のない介入により、
ゼッド君はネオトピアへダッシュ。大事な話って言ってたのにさ・・・。
ほんとなんでロイアちゃんの周りの男はあーも無神経というかなんというかw


次回、ロイアちゃん一気に服もチェンジ。
目が離せないとはこのことです(^.^)

この記事へのコメント

ケッツアール
2006年08月21日 01:06
三度目の正直。

ロイヤが勝手に移動するのもこれで三度目か。

爺さん助けに行くんだろうか。そんなことをこぼしていたが、実際何もしないじゃないか(笑)

今回の話はざくざく荒が出て正直がっくり。

ゼットが現実の世界でタクスに狙われていたというのも非常に気になる。
それは今も進行形なのか?
消さなくてはならない存在としてロイヤとの運命が悲しいものになるんだろうか。

もしくは、兄さん?ゼットが!?なんてこともある。

その前にヒューがタクスの実力者によって葬られるのだろう。

ゼットがタクスに言って、真実を知り次はネオトピアで処刑屋化した友人と死闘すると(罠だったりするな、招待って。。)

早く爺さんばらしてしまいなさい。ブロッコリー口につっこむぞ(ゼットならやりそうだ)
2006年08月21日 10:37
>実際何もしないじゃないか(笑)
そこはまた便利屋ゼット君の出番ですかね

そういえば一番最初はゼット君が狙われていて、
ってお母さんはいったいいつ頃・・・。

爺さん押し込みたいですね、ブロッコリーw

この記事へのトラックバック