ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 第32話

友達のために泣くことは、恥ずかしいことじゃない。

時々本気で考えさせられるテーマがあるこの作品。
やはり見ていて今必要だと思えます。

徹之進君は今度ヒルズから引っ越してしまう
ルミちゃんのお友達リナちゃんと、
彼女が持っていたロボット犬と出会いました。
もう壊れちゃっていたそのロボット犬は、
直すよりも買い換えた方が良いという理由で捨てられてしまうと・・・。

なんとか彼を救ってあげたいと思った徹之進君は、
偶然その後ゴミ捨て場で彼と再会し、ハカセの所へ持って行くことに。

その途中落雷に遭い、1.21ジゴワットの電気が流れてなと再起動!!
彼はメモリは軽く飛んでしまったけれど、
徹之進君を慕い、犬楽園のみんなとも仲良くなった。
 1.21ジゴワット。わかる人の方がまだ多いネタだねw
徹之進君の名前は最後まで間違ったまま「あやややや」(^.^)


ハカセの頭脳でも、彼がなぜ再起したかは明確にはわかりませんでした。
でも彼、ロビーは元気にみんなと仲良く過ごせている。
もうそれ以上を徹之進君は望んではいませんでした。
ただ、みんなも自分と同じように
彼を"ロボット"ではなく、同じ犬として接してもらいたい。
それだけでした。


しかし原因不明なままメモリに負担がかかっていたのは事実で、
このままではメモリは全損となり、再び記憶がなくなってしまう。
そしてその時はすぐに訪れてしまった。

もう限界が近い状態となったロビーは昔の記憶が蘇り始めていた。
徐々にその最期も近づいてもいた。
徹之進君はいてもたってもいられなくなり、持ち主、
いや元飼い主であるリナちゃんの所へ駆け出しました。

犬楽園のことがバレて自分がサルになったっていい。
ロビーに会ってもらいたい。その一心で駆けだし、
ハンゾウさんもその気持ちを察してくれて助けてくれた。

けど現実はそれほど簡単でもなければ、甘くもなかった。

なんとかリナちゃんに追いついても、
彼女に徹之進君の気持ちは伝わらなかった。
徹之進君の涙は彼女に優しく拭われただけで、
ロビーのことは伝えることが出来ませんでした。


ペットとしての犬を、人はどれほど理解しているか。
本当に応えてくれているときも絶対にあると思っているんだけど、
こんな風に絶対にわかっていないときがあるのも事実なんだと思う。
勘違いしたまま、それでも人はペットを愛することに変わりがないのなら、
人は幸せだろう。でもペットは?ペットの気持ちはどうすれば伝えられる?
伝えるためには、伝えられる側にも必要なものは多くて、
どうしても埋められないものがそこにあります。

わからないのだから、だからわかろうとする。
それは人とペット、ということだけではないのかもしれないな。

あまりに現実なシーンが印象的でした。
こういう作品で見られるシーンではないことは確かで、
この作品が伝えようとしていること、やはりあるんだなと思いました。

今回はもう1つ。ロボットであるロビーと、
死という考え方もまた真正面から描かれていました。
全く隠すところなく、ありのままを。



リナちゃんには伝えることはできず犬楽園に戻ると、
ロビーの最期はもう目前となってしまっていた。
涙が止まらない徹之進君を見ながら、自分も涙が出るのであれば、
今この瞬間、たくさん出たと思うと話してくれた。

そしてロビーは最期に「ありがとう」と残し、その終わりを迎えました。


彼はなんと言おうとも、例え本当の心があったとしても
ロボットには変わりがなかった。
だから彼は死んだのではなく壊れたというのが正しい。
だから直して、という言葉が出てくる。

でもそれは矛盾している。


泣き叫ぶ徹之進君に対して、セト様は静かに告げました。

徹之進君はロビーを同じ犬として、友として認めた。
つまり彼は命ある者と認めたということ。

セト様のなんでもできる魔法でも、唯一扱ってはいけないもの、それは命。
命というものはそれほどまでに尊く重いものであり、
自分の命も、他の命もその違いはないのだということ。


だから消えゆく命のため、徹之進君ができることは、
それは友のために泣くこと、そして今日というこの日を忘れないことだと。


「泣くだけ泣いたら、もう二度と涙を見せないこと」

いつまでも哀しんで泣いている姿を、ロビーも望んではいない。
こういうときは、絶対にそうだなと思えます。
それが勝手だと言われるならそれでもいいです。
誰も哀しみを望んではないないし、誰もが笑顔を望んでいるということが
いつまででも、いつでも、真実だと思うから。


ラストでハカセがくれたプレゼント。
それでもあのちょっとした再会に留めたところなんかも、
素晴らしくよかったと思います。本当に感動でした。

この作品やはりずっと見てきてよかったと、また思った(^.^)
機械と、ペットと、そして命と。
教えなくてはいけないこと、絶対に忘れてはいけないことを
とてもわかりやすく描かれていたと思うな。


あとはそうだな、やはり矢島さんかな(^.^)
てっきりキャスト名はリナちゃん以外出ないかと思ってたけど。
アスミちゃんがちょっと過ぎったよ。


次回はルミちゃん寝込んでます・・・。遊びすぎ?(^_^;)
肉球集める自由研究・・・。自由だからね、、、ユ、ユニークw

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック