プリンセス・プリンセス 第8話

馬鹿げていると全否定されました。
学校上げての制度なのに、その学校の理事長に。。

現理事長が学校訪問。
彼はこの学校の姫制度をご存じありませんでした。
正直理事なのにそれでいいのかと、そっちが驚き。


全部一気に見せられて、理事長はその困惑ぶりが顕著でした。
会う人、話す人、誰もがあの見たことがない制度を受け入れていて、
その当人たちも望んで行っているという。

理解に苦しむ、理解できない空間ではあったものの、
誰もが望んでいて、それを"良いことだ"と口を揃えるということは、
自分の考えが及ばずとも「そうなんだ」と受け入れざるを得なくなる。

これって何かの現象な気がするな(^_^;)
理事長は予算を拡大はしてくれたけど
きっと姫制度自体はまだ理解できなかったと思う。
でも姫がいなくなってしまうと、
今のあの学園の状態は確実に保てなくなる。
それだけは理解できたんだと思うな。。


前回で彼らの仕事は、他生徒にとっては「心の拠」という言葉が、
すべてを物語っていると感じました。
たとえそれがどんな制度であれ、誰もが望んでいるというその事実、
今まで出会ったことのない世界でした。


なんか今回、改めて劇中で否定者が出てそれを言いまとめられてしまったので、
ごく自然に見れました。これがこの作品前提のすべてなんだろうな。


今回なんか坂本様の声が
少し変わってるように聞こえたけど気のせい、かな。

物語はこのまま亨君のお話がメインで進みそうだなぁ。
やはり四方谷さんのあの髪型がどうしても好きです。かなりかわいい。
で、いつものようにみこちゃんは、、w

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック